ローソンでPayPay(ペイペイ)を使って20%お得に買い物

2019年3月26日、PayPay(ペイペイ)がローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100など全国のローソン店舗で使えるようになりました。

そこで今回、自宅の近くのローソンで牛乳とコーヒーをPayPayで買ってみました。

ローソンでのPayPayの使い方

ローソンでの支払いにPayPayを使うのは、とても簡単です。

まず、店員さんに「ペイペイで支払います」と伝え、その後、スマホにインストールしているPayPayアプリを起動させ、バーコードを表示させます。

あとは、店員さんが、そのバーコードを読み取ってくれれば、支払いは完了します。

PayPayで支払ったときのローソンのレシート

今回は、明治の「おいしい牛乳」と、ローソンセレクトの「無糖コーヒー」をPayPayで購入。

レシートには、PayPayご利用額¥407と印字されています。

PayPayのキャンペーンで20%戻ってくる

PayPayは、2019年5月31日まで「第2弾100億円キャンペーン」として、支払額の最大20%を後日PayPay残高に戻す(バックする)というキャンペーンを行っています。

そのため、今回の私のローソンでの407円の支払いに対し、20%相当の81円が、後日、PayPay残高に付与されることがアプリにも表示されていました。

ちなみに、今回のキャンペーンには、戻ってくる金額に上限があり、1回の支払いにつき1,000円相当が上限となっています。

なので、5,000円の支払いに対して20%の1,000円が上限となり、5,000円以上の支払いに関しては1,000円までしか還元されないことは注意が必要です。

また、キャンペーン期間中の付与合計にも上限があり、還元されるのは1人50,000円相当までという制限もあるので、覚えておきましょう。

Pontaカードを持っている人は、支払いの前に店員さんに伝えよう

Pontaカードを持っていて、ポイントを貯めている人は、PayPayで支払う前に、店員さんにPontaカードを提示しましょう。

実際、私もPontaポイントを貯めているので、今回の支払いの際はローソンの店員さんに「ポンタカード持ってます。支払いはペイペイで」と伝えました。

そう伝えることで、店員さんが最初にポンタカードを読み取ってくれて、その後、ペイペイの支払いの操作をしてくれます。

賢くポンタポイントも貯めていきましょう。