PayPay(ペイペイ)の始め方、お得な使い方まとめ

「PayPay(ペイペイ)、最近テレビでよく見るなぁ、まだ使ったことないけど、使ったほうがいいのかな?」

そう思っている方は、けっこういるのではないでしょうか。

実際、私はPayPayを使うようになって、かなりのお得感を感じています。

このサイトでは、PayPayの始め方や便利な使い方についてまとめていますので、参考にしていただければ嬉しいです。

PayPay(ペイペイ)とは

PayPay(ペイペイ)とは、簡単に言うと「スマホのPayPayアプリを使って、買い物や送金ができるキャッシュレス決済サービス」です。

PayPayを使うことで私が感じているメリットは、いくつかありますが、買い物のときにスマホを見せるだけでよいので、財布から小銭などを出す必要もなく、支払いがスマートな点がまず挙げられます。

 

PayPayの始め方

PayPayの始め方は、とても簡単。

まだPayPayを使ったことがない場合は、お持ちのスマホに「PayPayアプリ」をインストールします。

私のスマホはiPhoneなので、「App Store」で「paypay」と検索すると、PayPayアプリが表示されました。(Android端末の場合は、Google Playで検索するとアプリが出てきます)

なお、私がPayPayを使い始めた時期は、ちょうどキャンペーン中だったので、新規登録するだけで500円相当のプレゼントがありました。

 

携帯電話番号とパスワードを入力して「新規登録」をタップすると、認証コードがSMSで届きます。その後、届いた認証コード(数字4桁)を入力して「認証する」をタップすると、PayPayが使えるようになります。

 

PayPayの使い方

PayPayは、銀行口座を登録して使う方法と、クレジットカード(ヤフーカードのみ対応)を登録して使う方法と、大きく2つあります。

クレジットカードに関しては、この記事を執筆している時点では「ヤフーカード」しかPayPayには対応していないので、それ以外のアメックスなどのカードは登録を行うことができません。

ここからは、クレジットカードを持っていなくても使える、銀行口座を登録して使う方法を説明します。

 

銀行口座を登録する

PayPayをコンビニなどのお店で使う場合は、SUICAなどの交通系ICカードと同じように、あらかじめチャージ(入金)を行っておく必要があります。

チャージを行うには、銀行口座の登録、またはクレジットカードの登録が必要です。

銀行口座の登録は、まずPayPayの画面上の「アカウント」をタップします。

その後、「お支払方法の管理」を選択します。

 

「お支払方法の管理」の画面が表示されたら、「チャージ用の銀行口座を追加」を選択します。

銀行口座を追加するには「Yahoo!JAPAN ID」と「Yahoo!マネー」に連携する必要があるので、あらかじめYahoo!JAPAN IDは取得しておきましょう。

 

続いて、Yahoo!JAPAN IDとの連携画面が表示されますので、「ヤフーからのお客様データ提供」に同意して、ログインを行います。

 

その後、Yahoo!ウォレットにあらかじめ登録しておいた携帯電話番号でSMS認証を行うことで、PayPayとYahoo!マネーの連携が完了します。

 

PayPayとYahoo!マネーの連携が完了したら、チャージ用の銀行口座の追加が行えます。

チャージ用の銀行口座は、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などの都市銀行をはじめ、福岡銀行などの地方銀行、ゆうちょ銀行なども選ぶことができます。

PayPayがYahoo!(ソフトバンク)系のサービスだからか、この記事を執筆している時点では、楽天銀行は選ぶことができませんでした。

今回、私は「ジャパンネット銀行」を選んで追加してみました。

 

ジャパンネット銀行の場合は、ワンタイムパスワードが必要となるので、あらかじめトークンを準備しておきましょう。

必要事項を入力して、口座の登録が完了すると、PayPayでチャージが行えるようになります。

 

銀行口座からチャージを行う

PayPayのチャージは、銀行口座、またはクレジットカードで行うことができます。

チャージを行う場合は、PayPayのホーム画面上で「チャージ」をタップして、その後表示された画面でチャージしたい金額を入力します。

 

今回は、5,000円チャージを行ってみました。

 

この記事を執筆している2019年4月時点では、チャージが行えるクレジットカードは「ヤフーカード」のみとなっています。

ヤフーカードをチャージ用に設定していると、PayPayの支払い時にお得な特典があるので、ヤフーカードをお持ちでない方は、これを機に作ってみるのもよいかと思います。